急にお金が必要になり、どこかから借りなければならなくなったとき、どのような方法でお金を借りられるかご存知ですか?

「お金を借りる」と言うとあまり良いイメージがないですよね。

しかし、マイナスイメージが多い方法だけでなく、様々な方法でお金を借りられます。

目的や個人の環境によっては公的な場所からお金を借りられる可能性もあります。

この記事では、お金を借りる方法を詳しくまとめました。

自分の状況やお金を借りる目的に合わせて、どんな方法があるのかチェックしてみてください。

今すぐにお金を借りたい方向けの方法

お金を借りるには手続きなどで時間がかかると思いがちですが、実は最短即日で借り入れできる方法があります。

今すぐお金が必要な方、なるべく早くお金を借りたい方におすすめの方法をご紹介します。

即日融資可能!消費者金融でお金を借りる

消費者金融は、お金を貸す事業をメインに行っている貸金業者です。

お金を貸すことに特化しているので、最短60分で融資を受けられます。

とにかくお金を借りるまでのスピード感が早く、今すぐお金を借りたい方におすすめです。

金利は高めに設定されていますが、30日間は無利息で利用できるなど、初めて使う方に便利な制度が多いです。

金利 3.0~20.0%ほど
融資までの期間 最短即日

最短翌日融資!銀行カードローンでお金を借りる

消費者金融だけでなく、銀行カードローンも早めに融資してくれます。

銀行カードローンは、銀行からお金を借りる方法です。

好きなタイミングでお金の引き出しができるので、短期だけでなく長期的にお金を借りたいときにも便利です。

金利は消費者金融よりも低く、返済しやすいのも嬉しいポイント。

審査に少し時間がかかるので、最短翌日または翌営業日からの融資になります。

金利 3.0~15.0%ほど
融資までの期間 最短翌日

友人や家族にお金を借りる相談をするのも手

できればあまり使いたくない方法かもしれませんが、今すぐにお金が必要な場合は友人や家族に借りるのも1つの方法です。

これまで紹介してきて分かる通り、即日で融資を受けようと思うと金利がかかることがほとんど。

デメリットも多いので、そういったリスクを避けたい場合は人から借りてもいいでしょう。

しかし、金の切れ目が縁の切れ目という言葉もあります。

いくら仲が良い関係だったとしても、お金の貸し借りは信頼関係の上に成り立つものです。

借りたからにはしっかり返すつもりで頼ってもいいかもしれません。

金利 なし
融資までの期間 最短翌日

無利息・低金利でお金を借りたい方向けの方法

お金を借りる際、金利はつきものです。

しかし、金利なし・低金利でお金を借りられるならとてもありがたいですよね。

できるだけ余計な返済を抑えたい方のために、金利なしまたは低金利でお金を借りられる方法をまとめました。

カードローンの中でも低金利のろうきんカードローン

ろうきんとは、労働組合や生協などで組織された非営利の福祉金融機関です。

銀行との違いは、ろうきんの公式サイトで以下のように表現されています。

「ろうきんは、労働組合や生協などの会員が、お互いに助け合うために資金を出しあい、利用し合うことで運営。そこで生まれた利益を便利な商品やサービスとして利用者に還元しています。

一方、銀行は株主が資金を出しあっているため株主の意見をもとに運営。利益も利用者ではなく株主に還元されます。」
引用:ろうきんかんたんガイド

ろうきんは消費者金融や銀行カードローンよりも少し条件が厳しいですが、クリアすると低金利でお金を借りたい方に向いています。

ろうきんの申込条件をクリアしている方は、消費者金融や銀行カードローンよりも返済額が少なく済むのでこちらがおすすめです。

金利 3~9%
融資までの期間 約1か月ほど

無利息期間中に返済!消費者金融カードローン

すぐに返済できるめどが立っている場合は、消費者金融でお金を借りても無利息で返済可能です。

というのも、消費者金融で始めてお金を借りる場合、30日~180日の無利息期間が設けられています。

この無利息期間に返済してしてしまえば、高い金利がかからずお金を借りられるのです。

無利息期間は基本的に30日間ですが、レイクALSAは60日間あります。

このように消費者金融によって無利息期間のルールも違うので、事前に調べて申し込むといいでしょう。

金利 3.0~20.0%ほど
融資までの期間 最短即日

質屋に入れて無利子でお金を用意することも可能

原始的な方法ですが、無利息でお金を借りたいなら質屋を利用するのもおすすめです。

質屋は、物を預け入れることで代わりにお金を借りられるシステム。

ようするに、物を担保にしてお金を借りる方法です。

返済時の金利が低い上に、その場でお金を受け取れるので便利です。

物を預けたままにすると、物の権利は質屋に移行します。

そうなるとお金を返す必要もなくなるので、最悪手放してもいい金品がある場合は質屋を利用してもいいでしょう。

金利 4~8%
融資までの期間 即日

年金を担保にお金を借りる年金担保貸付

年金担保貸付とは、将来のために支払っている年金からお金を借りられる制度です。

「年金担保貸付制度は、国民年金、厚生年金保険に基づく年金受給権を担保として融資することが法律で唯一認められた制度です。保健・医療、介護・福祉、住宅改修、冠婚葬祭、生活必需物品の購入などの支出のために一時的に小口の資金が必要な場合にご利用いただけます」
引用:厚生労働省|年金担保貸付制度のご案内

返済が完了しないと年金の一部を受け取れなくなるのがデメリットですが、今すぐお金が必要という方におすすめです。

国からお金を借りる形になるため、融資までに時間はかかりますが安心感はありますよね。

金利が低いので、借り入れしたい日程までに余裕がある方は検討してみましょう。

金利 2.8%
融資までの期間 約1か月ほど

生活が困窮している方向けのお金の借り方

今すぐにお金を借りたい方の中には、生活が困窮して困っている方もいるでしょう。

生活が困窮している場合、そういう方のための制度やお金の貸付方法が用意されています。

無理に消費者金融や銀行カードローンを利用しなくてもいい場合があるので、事前にチェックしておきましょう。

低所得者の生活を支える生活福祉資金

生活福祉資金とは、低所得者や障害者、高齢者の生活を支えるための制度です。

貸付の条件は以下の通り。

・低所得世帯…資金の貸し付けを受けられれば、独立して自立生活ができると認められ、必要な資金を他から借りられない世帯
・障害者世帯…各種障害者手帳の交付を受けた世帯
・高齢者世帯…日常生活上療養・介護が必要な65歳以上の高齢者がいる世帯

審査の条件が厳しめで融資まで1か月程度かかりますが、金利は1.5%と他の方法よりも低金利でお金を借りられます。

日々の生活が困窮していて、他にお金を借りる方法がない方におすすめです。

金利 1.5%
融資までの期間 約1か月ほど

急に生活できなくなった方向けの緊急小口資金

緊急小口資金は、急に生活ができなくなったときにお金を借りられる制度です。

突然の大きな出費や失業・休業などで一時的に生活ができなくなった方におすすめ。

金額は20万円以下と少なめですが、国の制度の中では融資までの期間が短く、利用しやすい制度です。

コロナウイルスの影響で休業などを余儀なくされた方向けの支援制度でもあります。

金利 なし
融資までの期間 約2週間~1か月ほど

どうしても厳しい場合は生活保護を利用しよう

様々な方法でお金を借りてもやはり生活が厳しい場合は、生活保護の利用も検討しましょう。

生活保護の要件は以下の通りです。

「生活保護は世帯単位で行い、世帯員全員が、その利用し得る資産、能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することが前提でありまた、扶養義務者の扶養は、生活保護法による保護に優先します。」
引用:厚生労働省|生活保護制度

資金に換えられる資産などはすべてお金に換え、働ける方は働いて、他の制度でお金を借りて、それでもだめだった方に対して資金を給付するという制度です。

生活保護はお金を返す必要がない給付型なので、条件は他の制度よりも特に厳しくなります。

しかし、生活がままならない方に寄り添ってくれる制度です。

これまでに紹介した制度やお金を借りる方法を利用しても生活できなくなってしまった方は利用するといいでしょう。

審査に落ちてお金が借りられなかった時の対処法

お金お借りるとき、多くの場合は審査が必要になります。

その審査に落ちてしまうと、申し込んだ場所でお金を借りられません。

審査に落ちてしまった場合どうすればいいのでしょうか?

審査に落ちた場合の対処法と、その後のお金の借り方をまとめました。

審査に落ちた原因を排除する

まず、審査に落ちる原因を排除するのが何よりも大切です。

消費者金融や銀行カードローンなどで審査に落ちる原因として考えられるのは以下の内容。

  • 申込条件をクリアしていない
  • 以前の申し込みから半年以内に申し込んでいる
  • ブラックリストに入っている

特に申込条件は再度よく確認しましょう。

年齢をクリアしている場合、「安定した収入がある」で引っかかっている可能性があります。

アルバイトでもいいので、継続して働いていることが大切です。

それも問題ない場合、信用情報に問題がある可能性が考えられます。

以前審査に落ちた経験がある方は、一度審査に落ちてから半年以内に申し込んでいませんか?

同じ金融機関に申し込む場合、以前審査に落ちてから半年以上が経過しないと審査対象にしてもらえません。

審査に落ちたからと言って、むやみやたらに連続で申し込むのはやめましょう。

また、申し込みや審査状況は信用情報として会社や機関をまたいで共有されます。

短期間の申し込みを繰り返している、返済を滞らせているなど使用状況に問題がある方はブラックリスト扱いにされることも。

焦る気持ちは分かりますが、一度冷静になって自身の申し込み状況などを確認してみましょう。

審査が必要ない場所でお金を借りる

審査に落ちてしまいお金が借りられなかった方で、どうしてもお金が必要な方もいるでしょう。

審査落ちしてしまったときは、思い切って審査がない場所でお金を借りるのも手です。

審査が必要なく、即日でお金を借りられるのは質屋とクレジットカードのキャッシングがおすすめ。

いずれも審査情報などは関係なくお金を借りられます。

審査の時間ももったいないという方や、審査に落ちてしまって困っているという方は検討してみてください。

© 2021 どうしてもお金を借りたい!お金を借りる方法2021年度最新版 Powered by AFFINGER5